チャットを使いこなそう

Posted by .

アラフォーのLINEチャットの使い方

私は今年で41になる、いわゆるアラフォーのおじさんですが、そんな私でも、スマホでLINEを使用しています。とはいえ、最近の若い方々のようなヘビーな使い方はしていないのです。私の知り合いも私の年齢に近い人ばかりなので、私と同じスタンスです。

つまり、LINEをインストールしてはいますが、メッセージはほとんど来ません。たまに思い出したかのように、用件だけメッセージが来たり、つぶやきのような感じのメッセージが来たり、私のブログにつっこみを入れるような形だったりと、その内容は様々ですが、1人あたり1ヶ月に1回来るか来ないかです。

私が男だからというのもあるかもしれません。それらの知り合いは、例えば大学のサークルでの同期や後輩だったり、ネットで知り合った人だったり、普段あまり会うことがない人たちばかりです。私が定期的に会っている友人は、LINEはほとんど送ってこず、電話で用件を済ませる事がほとんどです。また、ガラケーでLINEを使っていないという友人もいます。

アラフォーの仲間たちはまあこんなもんだろうと思いますが、20代の若い知り合い達は、結構頻繁にLINEを送ってきます。それでも数往復のメッセージで終わりますが、これが世代の違いかと、ひしひしと痛感するのです。とはいえ、なんだかんだでLINEで楽しんでいるわけですが。

昨今のSNSチャット

今では誰もが利用しているSNS。アプリの種類もここ数年で莫大的に数が増えてきています。私の世代でいうと、中高生の時に流行ったmyspaceが元祖、というイメージがあります。自分のページを好きなように編集できるのがお気に入りの機能でした。

音楽命の私には、好きなバンドのアップデートやライブ情報も気軽にチェックできるのがとても有難かったです。後に自然とFacebookに回りの流れでシフトしていきましたが、正直Facebookは、一言で言ってしまえば、ウザい。Facebookが登場して早10年程経ちましたが、もはや無秩序状態。

友人だけでも煙たいくらいパーソナルでどーでもいい話でフィードを埋め尽くし、はっきり言って興味もなく、くだらない話ばかりでクオリティーが大分下がったように感じます。

企業もご用達になっていますから、もうビジネスの幅は大分広がって世界最大規模のSNSに成長して“しまいました”。けれども正直、私個人の意見としてはあまりアカウントを持ち続けていてもメリットがない為、近いうちに抹消する予定です。

個人情報も全てではなくても大体入っていて情報漏えいのターゲットには十分なっているし、アカウントを持っているだけで危険性が高まっているような気がしてならないのがまず一つ。

ただ一番の理由は、クオリティーの低下です。SNSが普及することで言動の自由を促進するのはいいけれど、今では収集がつかなくなってしまっているようでなりません。みんな自分の意見を持つことは大事。ただ、今のご時勢、“自分の肯定化“が著しすぎるように感じます。

”Selfie”なんて言葉はやりましたけど、自己中だらけの集まりになってしまっていて、残念ながら醜い世界ばかりが垣間見れてしまっているのが現状ですね。せっかく自由に意見を言える場が設けられているのだから、周りを尊重しながらものを発言できる姿勢をもう少し大事にしてもらいたいものです。

スマートフォンライブチャット