しっかり乾かすヘアケア

Posted by & filed under ヘアケア.

お風呂上がり、顔のスキンケアはするけど、
髪の毛を乾かすのは、タオルで巻いて
後回しにしがちですよね。
私も割とそうなんです。
そのまま自然乾燥で、半乾きで寝てしまう人も
少なくないんじゃないでしょうか。
ですが、せっかくお風呂でシャンプー、
トリートメントなどして綺麗にした髪を
濡れたまま放置するのは、髪にとって非常に悪いことなのです。

乾かさないで寝てしまうと、枕や布団などとの摩擦で
キューティクルが剥がされ、髪の毛が痛んでしいます。
寝ぐせもつきやすくなります。
また、頭皮自体の温度を下げてしまい、頭皮の血行が悪くなります。
血行が悪くことによって髪への栄養が行き渡らず、髪の毛の成長を妨げます。
そして、タオルドライをする際、髪の毛同士を擦り合わせると思いますが、
それもやってはダメなんです。
キューティクルを傷つけてしまい、 枝毛などの傷みの原因になってしまいます。

ドライヤーの熱でのダメージを恐るよりも
自然乾燥のほうが髪にはダメージが大きいのです。
かと言って乾かしすぎは逆に髪を傷めるので、
10cm以上髪から離し、8割程乾いたら冷風で乾かしてましょう。
正しいドライヤーの使い方をすれば
サラサラな髪を手に入れられます。